no-image

シアリスのジェネリックが存在する理由

シアリスのジェネリック医薬品が今では沢山あります。

ですが、ジェネリックについてのページで紹介したように新しく作られた医薬品には、特許期間が設けられます。

作られて間もないシアリスのジェネリックがなぜあるのか?そこを疑問に思う人は少なくありません。

こちらのページでは、その疑問にこたえるべくシアリスのジェネリック医薬品がなぜあるのかという事について紹介していきます。

 

 

ジェネリックが作られる秘密とは

海外では、承認されて販売されたばかりの医薬品のジェネリックが売られるということは珍しくありません。

日本ではまだ承認されていないジェネリック医薬品もありますし、特許によってジェネリックを作ることすらできないというケースも珍しくありません。

では、海外ではジェネリック医薬品がなぜすぐに販売されるようになるのでしょうか?

その理由の一つが法律です。

ジェネリックが作られない理由も法律によるものですが、ジェネリックが作られるのも法律が理由なんです。

このカラクリが起きる原因となったのがインドの法律なのです。

 

成分?製法?それぞれで違う特許が存在する

インドという国では薬の特許には2つの種類があります。

成分に関する特許と、製法に関する特許の2つで、特に成分に関する特許は非常に審査が厳しくなっており、完全に新しいものでないと

特許を得られるケースは低くなります。

そのため、新薬であってもその薬に配合されている新しい成分の元となる成分があるような場合、成分特許を得られないのです。

その結果、成分は特許が無いので他の製薬会社も同じ成分を用いて治療薬を作ることができます。

その時、製法の特許があったりするので製法に少しの違いがあるが、成分が全く同じ薬ができるというワケ。

これが、すぐにジェネリック医薬品が登場した最大の理由なんです。

 

ジェネリック医薬品だからといって、効果がなくなることはありません。同様の成分をつかうのですから当然といえば当然でしょう。

しかし、製造方法が違ってくるのでそこでちょっとした違いが生まれるケースはゼロではありません。

ですが、多くの場合元となる新薬とそん色ない効果を得られるジェネリック医薬品が作られてられています。

 

人命優先がゆえのもの

うしてインドでは、そのような特許法となっているのでしょうか。

その理由は、人命を救うということが優先されているからと言われています。

新薬は研究開発に係る費用をペイするために、割高な価格で販売されることが基本ですが、それだと金銭的な問題で

医薬品を購入することができずに、亡くなってしまうケースはゼロではありません。

そのため、インドでは成分、製造で特許がわけられジェネリック医薬品が作りやすい環境があります。

これは、薬を使う消費者側にとっては非常にうれしいことですが、作る側にとっては大きな打撃にもなってしまうため

見直しが考えられているそうです。

 

ジェネリックがある理由のまとめ

新しく作られた医薬品のジェネリックがすぐに登場する理由は、特許がないから。

ただし、そのジェネリックが日本で販売されるようにするためには、そこから更に日本の厳しい審査を受けて承認される必要があります。

個人輸入代行サービスでは、日本の審査は不要で海外から直接輸入する形になるので、役立つジェネリックを安く手に入れることができるので

ED治療を考えているというような場合には、シアリスではなくそのジェネリックを使ってみてはいかがでしょうか。