病院で治療する方法

治療方法を紹介する医者今までペニスの悩みはなかったものの、最近少し元気が無いような…?と、とてもショックを受けている方も居ると思いますが、EDは決して治らない症状ではありません。

現在、病院では症状に応じて様々な治療を選択することができますので、ED治療の種類を知って、自分に合った治療を選びましょう

基本は内服薬での治療

ED3大治療薬診察を受ける病院やクリニックによっても治療方針は異なりますが、基本的には問診や簡単な検査を受け、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬が処方されます

それぞれのED治療薬で力強い・即効性がある・長く効くなどの特徴や副作用のリスクなどを教えてもらい、自分に合った薬を選びます。

ただ、心臓や血管に問題があったり、服用中の薬がED治療薬との相性が悪い場合、残念ながらED治療薬を服用することはできません

そういった場合には他の治療方法を選択することとなります。

内服薬が使用できない場合は?

EDの治療薬が服用できない場合でも、注射、専用器具、手術などによってEDを克服することができます。

注射
(ICI治療)

注射と聞くと少し抵抗のある方もいるかもしれませんが、この治療は世界約80カ国で行なわれている、ポピュラーな治療方法となります。

ペニスの平滑筋を弛緩させる成分を直接注入し、勃起しやすい状態を作り出します。特に神経損傷によってEDを引き起こしているような男性に効果的です。

手術

ペニスの形状が曲がっている、血管に問題がある、他の治療方法が行えない(効果がない)場合には手術という選択があります。手術を行なうことでEDが克服される可能性は高いですが、体にも財布にも大きな負担を掛けることとなります。また、積極的に手術を行う病院も少ないため、最終手段として利用する程度に考えておきましょう。

勃起
補助器具

勃起補助器具とは名前の通り、勃起を補助するための器具です。ペニスへ装着し、付属のポンプを使用してペニスへ圧をかけます。そうすることで勃起が誘発されて硬い状態が保たれます。

性行為前に手軽に利用できる重い副作用は殆ど無いといったメリットもありますが、不快感や痛みを生じる恐れがある、いいムードが壊れてしまうこともあります。

ホルモン治療

男性ホルモンのテストステロン値が低いことが原因でEDになっている場合、ホルモン治療を行ないます。

筋肉注射で補充されることが多いですが、海外ではパッチ剤を使用するケースが多いです。

カウンセ
リング

精神的ストレスが原因となってEDを引き起こしている場合、ストレスの要因となっていることを見つけ、克服していきます。

男性一人でカウンセリングを受けることもありますが、カップルでカウンセリングを受けるとより有効です。

問診する医者

手術での治療

EDをどうにか克服したいという場合、バイアグラなどのED治療薬の服用が一般的です。しかし、体質的に薬が服用できない、どうしても薬を服用しなくないなどといった場合に、「手術」という選択肢があります。ただ、自分が手術を受けたいと考えていても、医師の判断によって手術が適切かどうか決まりますので必ずしも手術が受けられるわけではありません。また、手術を行なうとなればリスクも伴いますので、しっかりと考